さまざまなニュースや情報をおもしろ・おかしく発信しています。

おの のぶ どっと こむ

大相撲

高安 大関昇進で秋元才加と結婚へ!?小学校から幼なじみ?

更新日:

こんには!

大相撲夏場所も白鵬の優勝で終了しました。

稀勢の里は途中休場に終わりましたが、

同部屋の高安が場所後の大関昇進が決定的です。

 

 

大関昇進を確実にした高安が注目です!

高安について調べてみました。

元AKBの秋元才加さんとの結婚はあるのでしょうか?

スポンサードリンク

新大関高安とは!

本名:高安 晃(たかやす あきら)

生年月日:1990年2月28日(27歳)

身長・体重:186cm・177kg

血液型:A型

出身地:茨木県土浦市

所属部屋:田子ノ浦部屋(入門時は鳴戸部屋)

出身中学:土浦第一中学校

 

 

中学時代は野球部に所属。

高校受験に失敗して、

中学卒業後の進路について迷っていたが父親の勧めで

中学卒業と同時に鳴戸部屋に入門

 

 

2005年3月場所で初土俵を踏む。

順調に出世していたようですが、

10回位部屋を脱走したという記録もあります。

 

 

鳴戸部屋の猛稽古についていけないとか、

15歳の少年が付き人や回りの人の世話をする環境に

ついていけない事だったのではないでしょうか?

高安自身、脱走については曖昧に答えているみたいです。

 

秋元才加(元AKB)との関係は?結婚は?

秋元才加との関係について色々言われておりますが

本当はどうなんでしょうか?

秋元才加は時々国技館に出没しているみたいです。

 

 

大相撲のゲストで出場したこともあります。

母親同士が知り合いみたいです。

同じフィリピンパブで働いたみたいです。

 

 

その関係で、小学生時代から親交があり幼馴染と言われています。

2015年フィリピンのアキノ大統領が来日した時に高安と共に

アキノ大統領と対面しております。

高安が大関に昇進する事が決まり

結婚するのではとか言われております。

大相撲のTV出演で気になる力士がおりますなどの

発言もしております。

 

 

その力士こそ高安なのです。

高安と秋元才加はアキノ大統領に面談した時に一緒でした。

その後、たびたび大相撲観戦に来ているみたいです。

 

 

親同士が知り合いなので、結婚には支障はありません。

また、高安も彼女は親方には紹介済みみたいです。

近々新聞紙上を賑わせてくれる事を願っております。

 

スポンサードリンク

大関になると気になる給料はいくら?

大関の給料ですが、234万7千円が月給です。

今までの三役時代は169万3千円。

約、1.4倍です。

 

 

その他に賞与や手当が付きますので年収約3700万円になります。

大企業の重役なみの年収になります。

幕下までは給料さえありません。

 

 

土俵の鬼こと、初代若乃花は「土俵には金が埋まっている。」

と言っておりました。

高安も中学卒業後この相撲の世界に飛び込んできました。

 

 

何回も部屋を脱走していますが、大関の地位まで上り詰めました。

来る5月31日には大関への伝達式が行われます。

晴れて新大関に推挙されます。

 

 

気になる高安と秋元才加の関係ではありますが、

前例はあります。

二所ノ関親方(若島津)と高田みづえです。

 

 

当時の高田みづえはアイドル歌手でした。

1985年に婚約を発表し高田も引退を表明しました。

相撲部屋の女将さんという道を選んだのです。

 

まとめ

高安と秋元才加気になりますが、

本当のことは当人同士しかわかりません。

ネット上では色々言われておりますが、

もしかすると付き合っているのかも知れません。

 

 

母親同士が知人ですし、反対する人はいません。

秋元才加にも気になる関取がいるとのことです。

アキノ大統領が来日した時、同伴で面談。

 

 

その時以来付き合っているのかも知れません。

高安の大関昇進でまた騒がれ始めています。

大関昇進伝達式は5月31日です。

 

 

新大関の誕生です

平成生まれの初の和製(フィリピンとの混血)大関です。

ますます精進して強い大関へ!

もっと上を目指して欲しいものです。

 

 

大関照ノ富士以来の大関誕生です。

照ノ富士は1991年11月29日生まれです。

これで平成生まれの大関が二人となります。

 

 

両者共に切磋琢磨して上の地位を

狙ってもらいたいものです。

 

追記

本日5月31日、番付編成会議と臨時理事会が開かれ

関脇・高安大関に正式に推挙されました。

新大関は2015年夏場所後の照ノ富士以来です。

 

 

昇進の口上はいたって簡単でした。

『謹んでお受け致します。大関の名に恥じぬよう、

正々堂々精進致します。』との口上を述べました。

 

 

同部屋の横綱・稀勢の里の口上と同じく簡単なものでした。

だいぶ緊張したみたいで、本場所よりも緊張したと

伝えられております。

 

 

これで晴れて大関となりました。

大関・高安が誕生しました。

ますますの活躍・躍進を期待致します。

 

スポンサードリンク

-大相撲

Copyright© おの のぶ どっと こむ , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.