さまざまなニュースや情報をおもしろ・おかしく発信しています。

おの のぶ どっと こむ

大相撲

貴景勝と阿武咲 小学校時代からのライバル&親友!今場所の対戦は?

更新日:

大相撲7月場所が9日からはじまります。

貴景勝と阿武咲(おうのしょう)同学年のふたりについて

少し気になりましたので調査しました。

スポンサードリンク

阿武咲関です。

貴景勝関と阿武咲関との関係は!?

ふたりは1996年生まれの同級生です。

貴景勝は兵庫県・阿武咲は青森県生まれです。

このふたりにどんな関係があるのでしょうか?

 

貴景勝は幼少の頃から空手をやっておりました。

一方相撲王国・青森出身の阿武咲は当然相撲です。

全く関係ないように思われますが真相はいったい・・・

 貴景勝関に関しまして⇒記事はこちら

阿武咲関とは

阿武咲奎也(おうのしょう ふみや)

本名:打越 奎也(うてつ ふみや)

生年月日:1996年7月4日(21歳)

出身地:青森県北津軽郡中泊町

身長・体重:176cm・163kg

所属部屋:阿武松部屋

得意技:突き・押し

初土俵:2013年1月場所

新十両:2015年1月場所

新入幕:2017年5月場所 

 

5歳の時祖父に勧められて相撲を始める。

中里小6年時全日本相撲大会で優勝。

中里中2・3年時:全国中学生相撲選手権大会連覇。

2012年青森県三本木農業高等学校進学。

 

1年生ながら、全国高校相撲宇佐大会・国体相撲少年の部優勝。

団体戦でも選抜高校相撲十和田大会優勝に貢献。

同年11月退学し阿武松部屋入門。

出典:Wikipedia

 

どこにふたりの接点があるのか?

平成23年の全国中学校体育大会決勝戦での対戦です。

初の対戦でした。

この時は貴景勝(佐藤)が勝利しました。

この時からふたりはライバル関係だったみたいです。

 

入門は阿武咲が先でした。

当然十両昇進も阿武咲が先。

しかし、入幕は貴景勝が先になりました。

 

先場所ふたりの対戦があり貴景勝の勝利でした。

ふたりで切磋琢磨して行きたいといってました。

同級生のふたり。

最年少のライバルの対戦。

7月場所も楽しみがふえました。

 

スポンサードリンク

ライバルふたりの関係は?

今場所、貴景勝は番付的には西前頭筆頭です。

当然横綱・大関とな対戦が組まれます。

阿武咲は西の前頭6枚目です。

 

当然ふたりの対戦は組まれると思います。

最年少ライバルの対戦は期待できますね。

貴景勝は、阿武咲がいたからここまで頑張れたと言っていました。

 

阿武咲も全中での敗戦が自分を強くした言ってました。

互いのライバル意識が互いを強くしたと思います。

絵に書いたようなライバル同士です。

 

ただし巡業中は仲良しです。

一緒に携帯なんかいじっているみたいです。

阿武咲関Twitterより

貴景勝・貴源治・貴公俊・阿武咲関です。

なかが良さそうです!

 

まとめ

勝負師の世界です。

場所中はたった一回の勝負しかありません。

年間でも最大6回の対戦しかありません。

 

まだ、20歳と21歳の若者です。

しかし、相撲の世界では一人前の関取です

これから何年にもわたって対戦を重ねる事でしょう。

 

同学年のライバルがいるから頑張れると思います。

まもなく7月9日から大相撲名古屋場所開催です。

若者たちの対戦や、横綱・大関にいどむ挑戦。

楽しみな7月場所です。

 

追記:阿武咲関 秋場所でも活躍中です。

阿武咲関秋場所も絶好調です。

中日で7勝1敗です。

大関豪栄道関と大翔丸関と並び優勝争いトップです。

 

貴景勝関も5勝3敗と調子を上げてきています。

ライバルの対戦はまだありません。

二人の対戦も楽しみです。

 

このまま阿武咲関が優勝争いのトップを走るのか?

楽しみな残り7日間となりました。

 

スポンサードリンク

-大相撲

Copyright© おの のぶ どっと こむ , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.