さまざまなニュースや情報をおもしろ・おかしく発信しています。

おの のぶ どっと こむ

日記

ハロウィンの仮装!今年は銃社会の怖さは起きないのか!

更新日:

こんにちは。

ハッピイハロウィンです。

今年は起きないで欲しくないものですね。

銃による殺人。

スポンサードリンク

毎年のようにアメリカで起きる銃による事件!

今年もハロウィンです。

毎年のように起きる事故!

そう、銃による殺人事件です。

 

仮装して他人の家を訪問しておきていますね!

今年は起きないことを期待しています。

日本では起きないことですが、アメリカでは・・・

 

毎年のように銃による事件・事故が起きています。

銃社会が継続しています。

前大統領のオバマは銃社会の根絶を提

 

しかし、トランプ大統領は否定!

元々アメリカは銃社会でした。

開拓の歴史があります。

 

当然銃が威力を発揮しておりました。

開拓には銃があたりまえの世界でした。

今でも簡単に銃器類が手にはいります。

 

つい最近もホテルの部屋からの乱射事件!

多数の死者や負傷者がでました。

当然のように銃器類をホテルに持ち込めます。

このようなことはあってはならないと思います。

 

アメリカのライフル協会は連射出来る装置の販売は禁止。

しかし、根絶には程遠い見解。

なくなることはないでしょう。

スポンサードリンク

銃の根絶は目指せないのでしょうか!

トランプ大統領はライフル協会の支持を受けました。

オバマ政権では根絶を目指していたのに・・・

支持を受けたということは根絶はない!

そのように考えるのが当然です。

 

ハロウィンでは子供たちが仮装をし

知人宅を訪問したりします。

全く知らない人の家に行ってしますこともあります。

 

そこで、事件が起こってしまうことがあります。

仮装したり、仮面をかぶったりして訪問します。

その時に、事件は起きます。

 

誰かが襲ってきたと思うのです。

そこで、銃の登場です。

銃社会だから起きる事故です。

 

防衛のために銃を取り出し発射!

悲劇が起きます。

死亡に至らなくても重症とかはありえます。

 

銃の根絶はできないものなのでしょうか?

一般の人も簡単に銃が手に入る。

そうはならないでほしいものです。

 

登録制度とかにはならないのでしょうか?

犯罪歴のある人は買えない

ネットでは買えない

そんなアメリカにならなくてはダメだと思います。

まとめ

ハロウィン当日です。

アメリカからハロウィン当日の事件のニュース。

そんなニュースが入らないことを願います。

 

銃で犯罪が起きないことが全てです。

仮装して楽しむ事はいいことです。

ハロウィンで他人の家を訪問するには危険があります。

 

ハロウィンの訪問者を受け入れる家を特定している所もあります。

そのようなところを選んで訪問してほしいものです。

今日は、楽しいハロウィンであることを願います。

 

スポンサードリンク

-日記

Copyright© おの のぶ どっと こむ , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.