さまざまなニュースや情報をおもしろ・おかしく発信しています。

おの のぶ どっと こむ

大相撲

新横綱稀勢の里優勝!弟弟子の高安!来場所大関取りに挑戦!

更新日:

こんにちは!のぶ~です。

大相撲3月場所も終了しました。

各力士たちも活躍した場所です。

 

若い目も育ってきたように思えます。

来場所も好取組が予想できます。

今場所を振り返ってみます。

スポンサードリンク

大阪場所は新横綱稀勢の里が制す!

皆さんもご存知の様に新横綱の稀勢の里が優勝しました。

横綱貴乃花以来、22年ぶりの快挙です。

逆転での優勝!

 

本割で大関照ノ富士を破り、決定戦でも撃破!

感動しました!

 

この言葉は当時の首相、小泉純一郎の言葉です。

感動を与えた新横綱、稀勢の里の優勝!

4人目の快挙です。(一場所15日間制度になって)

 

すべての新横綱が二所ノ関一門と言うのも不思議です!

現在の大横綱・白鵬も出来なっかったのですから!

ケガを治して5月場所に備えて欲しいものです。

 

弟弟子高安が来場所2度目の大関挑戦!

弟弟子の高安が今場所12勝3敗の好成績!

先場所は小結で11勝4敗!

大関昇進の目安とされる直近3場所、役力士で33勝以上。

スポンサードリンク



 

高安は来場所10勝以上で大関に推挙されます。

しかし、相撲内容も吟味されると思います。

今場所みたいな取組ができれば大関に・・・

 

 

前回の大関挑戦は夢敗れる結果に!

今回は新横綱稀勢の里と猛烈な稽古

夢が叶うのではないでしょうか。

来場所の活躍を期待しております。

 

若い日本人力士が活躍!

今場所は新入幕の宇良が千秋楽で勝ち越し。

また、先場所千秋楽に負け越した貴景勝が11番!

勝てば敢闘賞でしたが見事に勝ち初の敢闘賞受賞!

 

貴景勝は佐藤から改名し2場所目

名前にもなれてきたのではないでしょうか?

宇良も改名はあるのでしょうか?

 

十両同時昇進の2人が幕内でも揃って勝ち越し、

小結御嶽海(24歳)も9勝6敗と勝ち越ししました。

大栄翔(23歳)も前頭11枚目で勝ち越し。

幕内の20歳台がが活躍した場所でもありました。

 

また、十両でも20歳代が活躍した場所でした。

新十両の朝乃山(23歳)が10勝5敗で優勝決定戦に進みました。

 

打倒モンゴル勢!

日本人横綱の稀勢の里が優勝!

4横綱時代の幕があいたのですが・・・

第一人者の横綱白鵬の早々の休場。

 

しかし、新横綱の稀勢の里が逆転での優勝!

場所も大盛り上がりでした。

打倒モンゴル勢の場所だったのではないでしょうか!

 

 

来場所の高安の大関取りも見逃せないと感じます。

ここ数場所、時代を築いてきた白鵬が優勝から遠ざかり、

日本人力士の優勝が多くなってきております。

横綱白鵬の逆襲もありえるのかと思います。

 

5月場所も見所が・・・

新横綱の稀勢の里が優勝したことで、

来場所稀勢の里は東の正横綱となります。

角界の第一人者の場所です。

 

早急にケガの治療をし、

5月場所でも活躍してもらいたと思います。

弟弟子の高安の大関取りの場所でもあります。

 

見どころのある5月場所になると思います。

また、若い力士たちの活躍も見逃せないです。

新入幕や新十両は、その活躍は・・・

 

来場所5月場所も見逃せない大相撲です。

ガンバレ日本人。

ガンバレ横綱稀勢の里!

関連記事

スポンサードリンク




-大相撲

Copyright© おの のぶ どっと こむ , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.